記事一覧

サーチからの革命チェンジの元祖はこっち‼︎新型NEXバスター

トレーディングカード/ブロマイド販売 通販ショップの駿河屋
ツイッターアカウント名
→デュエマのデッキレシピ保管場所
ツイッターID
→blogdmbuilding



どうも、ヨネ吉です。最近、バスターの新しい形として『霊峰バスター』というのが流行っています。次元の霊峰からバスターやプチョヘンザなど、場面に応じた多色クリーチャーを引っ張ってきて対処するといったデッキなのですが、このデッキをみた時に私はNEXミラダンテと同じ?って思っちゃいました。もちろん、細かな違いはあります。霊峰バスターの方はボスカツ剣から直接革命チェンジする為プチョヘンザによってオニカマスを除去できたりしますが、NEX→バルキリールピアの流れですとバルキリールピアを出した時点でオニカマスにバウンスされる為少々つらいです。


そこで、今回のデッキでは他にオニカマスへの対処法はいくつか組み込んであります。




また、従来のNEXミラダンテの弱点として後続が続きにくいというものがありました。この点を解消するには


・マナブースト

・次のターンにも安定してクリーチャーを展開




の2点を達成する必要があります。これらを解消する方法として、うってつけのやつがいました。






トップ・オブ・ロマネスクになります。バスターで出せる、マナブーストしてくれる、種族がアーマード・ドラゴンな為バルキリールピアが上に乗ると文句のない1枚になります。




そして、最後に私が悩んだのは踏み倒しメタクリーチャーをどいつにするかでした。
デッキカラーは赤白緑なのですが、この色だとオリオティス、ヤドック、デスマッチビートルあたりが有名です。が、今回は洗脳・センノーを採用してみました。



最近は青黒ハンデスにたまにはいってるのをみかけますが、実は私もセンノー(無色)の隠れた強みとしてどこにでもいれれることと思ってました。過去に限定構築戦の話題に際してジョリーとともにツイッターで言及したこともありました。センノーは先ほどあげた踏み倒しメタクリーチャーと比べ単純なロック性能が高い為、今回はセンノーにしてみました。





前置きが長くなりましたが、レシピの方をみていきたいと思います。





ボルシャック・NEX 4枚
→今回のコンセプト。こいつからバルキリールピアにつないでいく流れは鬼の強さ。



凰翔竜機バルキリー・ルピア 4枚
→ボルシャックNEXでリクルートして更にドラゴンをサーチできるドラゴン。3大ファイナル革命クリーチャー全てに対応できる点も有能。



蒼き団長 ドギラゴン剣 3枚
→ご存知の通り鬼の展開力を誇るクリーチャー。サーチでもってこれる為3枚でも十分に運用が可能。


百族の長 プチョヘンザ 2枚
→ビートダウンが相手の時の対応札。相手次第ではこいつ1枚が場にいるだけで投了レベルのデッキも多い(ブランドなど)。



時の法皇 ミラダンテⅫ 2枚
→元祖バルキリールピアの相棒。本デッキでは早出しによってよりロックをかけるというよりも、安全にトドメにいくことが目的。



トップ・オブ・ロマネスク 4枚
→先ほども解説しましたが、このデッキにおいてはシナジーがハンパないクリーチャー。色も最高。


フェアリー・ライフ 4枚
→初動ブースト。


霞み妖精 ジャスミン 3枚
→こちらも初動ブースト。本来は4枚いれるべきなんですが、少し甘えちゃいました。


霊騎 ラグマール 2枚
→除去とブーストを兼ねる便利な1枚。あわよくばオニカマスもどかせる。csなんかで使う際は掘り師の銀と1枚差し替えて、墳墓対策をしてください。


ボルメテウス・ホワイト・フレア 3枚
→トリガー枠兼ミラダンテで打てる呪文。全体タップしてオニカマスを殴り倒すことも可能。


ハムカツ団の爆砕GO! 2枚
→わたくしヨネ吉が大好きなトリガー呪文。ドラグハートもD2フィールドもオニカマスもどかせる万能トリガー。


ファイナル・ストップ 2枚
→相手の呪文を封じるカード。ミラダンテのファイナル革命と合わせると実質の単騎ラフルルになれる。


ライフプラン・チャージャー 2枚
→ブーストと手札補充を一度にこなす中盤に光る呪文。


洗脳・センノー 3枚
→先ほども触れた踏み倒しメタクリーチャー。単純なロック性能はトップクラス。






・このデッキのまわしかた



2→4→6のマナブーストを行って、ボルシャックNEXを出してからが本格的なスタートになります。そこからはどのファイナル革命もちクリーチャーを選んでもってきて場に合わせた対処をしていくのですが、今回はバスター、プチョ、ミラダンテのそれぞれがどのような場面で出すのがいいのかについて解説したいと思います。



バスターの場合…クリーチャーの展開を優先すべき時に使いたいですね。事故っていたりしていて準備のできていない相手の時には盤面の有利をとっていけます。次のターンの事を考えると、相手が速攻でない限り真っ先に出したい候補です。

プチョの場合…バイクやブランドといった速攻デッキが対面の時ですね。ただし、相手の盤面にオニカマスがいるブランド相手だとバウンスされて返しのターンに増えたマナでワンショットにこられるおそれもある為ご注意ください。

ミラダンテの場合…試合を終わらせる際に有効です。最速で奴を出しても後続が続きにくく息切れする可能性が高くなる為、あくまでもシメのカードだと思ってください。





今回のデッキいかがだったでしょうか。霊峰バスターと同じく対応力が高く、霊峰バスターと比べてより安全に勝利にたどり着ける優秀なデッキであると個人的には思っています。

興味を持たれた方は、是非一度試してもらえればと思います。



※当サイトのツイッターあります。是非フォローお願いします。
ツイッターアカウント名
→デュエマのデッキレシピ保管場所
ツイッターID
→blogdmbuilding










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ヨネ吉
こんにちは。DMPヨネ吉です!ブログを書いて情報発信するだけでなく、皆さんからもアドバイス頂きたいのでコメントお願いしたいです!更新した際はツイッターでお知らせしますので、リンク先からフォローお願いします!
アカウント名 デュエマのデッキレシピ保管場所
アカウントID @blogdmbuilding

最新コメント