記事一覧

あのデッキの今は? グレイブヤードコントロール編

ツイッターアカウント名
→デュエマのデッキレシピ保管場所
ツイッターID
→blogdmbuilding





どうも、ヨネ吉です。今回は以前に紹介したグレイブヤードコントロールデッキがその後どう変わったのかについてみたいと思います。このデッキは本ブログで初めて紹介したものなので個人的にはかなり思いいれがあるのですが、とにかくみていきたいと思います。



まずは、構築を変えた理由からザックリと書いてきます。




①従来の型では、スピードアタッカーに対して無防備だった為それへのメタカードを採用。
→以前の構築を少しみればお分かりかもしれませんが、このデッキは盤面の処理が得意な反面守りは結構手薄な構築となっていました。実際に大会で使用した際もバスターなどのSAからスタートしてくるデッキにはかなり苦戦することが多く、2.3回使って30人規模の公認でベスト4にはいったのが最も好成績でした。この弱点を解消する為に、SAに対するメタカード及びたとえSAクリーチャーにダイレクトアタックを決められても負けを回避するカードを採用しました。



②デッキとの相性が凄まじいカードが登場した
→ガシャゴズラの事です。このデッキはバグ丸くんなどにスレイヤーを付与して相手クリーチャーをさばいてコントロールしていくのが1つのコンセプトなのですが、ガシャゴズラを出すと一気に最大で3体処理することができ、しかもグレイブヤードがない状況でもガシャゴズラがスレイヤーを付与してくれる為デッキが大幅に強化されました。


③流行りのロージアへの対策を採用
→ブラックアウトを採用しました。あのデッキと対面する際は呪文、召喚ともに封殺される為、8マナがたまらないと非常にきついです。そこで、ドルマゲドンはないですがブラックアウトをメタカードとして入れました。このデッキにはD2フィールドが4枚入っているので、アタックトリガーもしっかり使うことができます。




では、レシピの方をみていきたいと思います。

オーバーキル・グレイブヤード 4枚
→自軍全てにスレイヤーを付与してくれる今回の核となるD2フィールド。

バグ丸くん 4枚
→出た時に強制バトル&死んだら1ドロー。上のグレイブヤードと組み合わせてアドバンテージをとっていける有能クリーチャー。

ラブ・バトラッチ 4枚
→こちらは出た時に味方のドラゴンもしくはファイアーバードにバトルをさせられるクリーチャー。自身がバトルできるのはもちろん、後述の伝説のレジェンド ドギラゴンにバトルさせるとえげつないアドバンテージをとれる。

スピア・ルピア 4枚
→3マナ1000のアンタップキラー。オニカマスなどのアンタッチャブルはこいつで対処する。死んだら山札からドラゴンをサーチできる為、フィニッシャーへとキレイにつながるのも素晴らしいです。

第1種 アクミM 2枚
→赤と黒のクリーチャーからの革命チェンジ持ちのドラゴン。死んだらコスト4以下のクリーチャーをリアニメイトできる為、自爆特攻すると相手クリーチャーを2体処理することが可能。スピアルピアから革命チェンジするのがとても強力。

テック団の波壊GO! 4枚
→トリガー枠兼色合わせ。お馴染みの強力呪文。

その子供、凶暴につき 2枚
→新規採用カード。相手のSA持ちクリーチャーをタップインさせることができる。こいつによってモルネクなどへの対処力がかなり上がった。地味に3コス以下の味方にSAを付与してくれるのも強力。

凶鬼03号 ガシャゴズラ 2枚
→こちらも新規採用カード。墓地次第ではこいつを出すだけで相手クリーチャーを3体処理することが可能。何気にアクミに革命チェンジすることで出た時効果も再利用することができ、このデッキの為にあるかのような1枚笑。

伝説のレジェンド ドギラゴン 2枚
→新たなドラゴン枠。こいつを出せばほぼ確実に1ターンは負けない為終盤の一押しの為の時間をかせぐことができる。ラブバトラッチで何度も能力発動させればもはや無敵かも笑。

ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン 3枚
→本デッキのフィニッシャー。シールド焼却とSAの組み合わせはやはり反則。

インフェルノ・サイン 1枚
→新規採用カード。ガシャゴズラの採用に合わせて、デスゲートの枠を1枚こちらに変えました

地獄門デス・ゲート 3枚
→トリガー枠。墓地からバグ丸くんなどを出せば2体クリーチャーを処理できる。

無法のレイジクリスタル 1枚
→トリガー枠兼色合わせ。この枠は好みに合わせて波壊GOとの枚数調整が考えられる。

ドンドン吸い込むナウ 2枚
→トリガー枠。

光牙忍 ハヤブサマル 1枚
→おなじみ防御札。アクミやレジェンドドギラゴンにブロッカーを付与するととてつもないシナジーが生まれる。

ZEROの侵略 ブラックアウト 2枚
→新規採用カード。ロージアへの対処札といってほぼ差し支えない。




・このデッキのまわしかた


基本的には以前書いた記事と同じとなりますのでそちらをみてみてください。。若干変わったとすればフィニッシャーが以前よりもやや高コストとなりましたので、8マナためるのを少し心掛けるくらいです。


あとあげるとすると、バスター対面の際のプレイングです。その子供凶暴につきがいるのでモルネクには強気にでれますが、リンネビーナスのような場に出てからSAを付与してくるクリーチャーのカバーはまだできない構築になっています。あのデッキタイプはしっかりとトリガーも封殺してくる為、打点を形成させないように効果を使い終わったジェニーなどの一見無害なクリーチャーをしっかり除去するのが大切になってきます。正直スベンガリィクロウラー入れるか迷っているくらいです


ワンショットを凌いだあとは、レジェンドドギラゴンに頼りましょう。あのデッキに入るクリーチャーは全てお客様です。



やはりボルメテウスケイのカードがフィニッシャーのデッキは使っててメチャ楽しいです。皆さんも、よければ一度作ってもらえたらと思います。



当ブログのツイッターアカウントあります。是非フォローお願いします。



ツイッターアカウント名
→デュエマのデッキレシピ保管場所

ツイッターID
→blogdmbuilding





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ヨネ吉
こんにちは。DMPヨネ吉です!ブログを書いて情報発信するだけでなく、皆さんからもアドバイス頂きたいのでコメントお願いしたいです!更新した際はツイッターでお知らせしますので、リンク先からフォローお願いします!
アカウント名 デュエマのデッキレシピ保管場所
アカウントID @blogdmbuilding

最新コメント