記事一覧

バッドブランドに新たな相棒誕生?赤緑バッブランドビートダウン(ワンショット寄り)

ツイッターアカウント名
→デュエマのデッキレシピ保管場所
ツイッターID
→blogdmbuilding



どうも、ヨネ吉です。記事をまとめるのに時間がかかってしまい、ようやくですが新弾のマスターカードであるバッドブランドを中心に添えたデッキレシピを紹介したいと思います。今回のデッキは、より奇襲性を出す為にワンショットよりの構築にしてみました。


普通のバッドブランドを用いたデッキでは、ダチッコやチュチュリスをサポートとして採用したりマグナムがアウトレイジであることを活かして無重力ナインが採用された型が主流となっています。どちらにせよ、先程のデッキは赤単なのがほとんどなのですが今回私が構築したものは赤緑となっています。まずはその理由からふれたいと思います。



大きく2つあります。



①鯛焼の超人を使いたい
→あまり馴染みのないカードかと思います。画像のせとくので能力には詳しくふれませんが、擬似的なG・ゼロクリーチャーとしての運用ができます。



②ドローソースを確保したかった
→赤単だとドローソースが少なく、強力なものは攻撃の終わりにドローできるものだったりします。それだと引いたカードをそのターン中に使えないというデメリットがあるためクリーチャーに関するドローの得意な自然の力をデッキに組み込みました。



では、デッキ紹介にはいりたいと思います。



罰怒 ブランド 4枚
→今回の核。

一撃奪取 トップギア 4枚
→動き出しの一枚。アウトレイジなので無重力ナインのG・ゼロの手助けにも

虹彩奪取 トップラサス 4枚
→役割はトップギアと同じ。緑をいれたおかげで8枚体制が取れるのはデカイ。

無重力ナイン 4枚
→場にアウトレイジがいるとG・ゼロで出せるクリーチャー。バッドブランドのコスト軽減や打点の数合わせなどできることは多い。

単騎連射マグナム 4枚
→ラフルルと並ぶ最強のトリガー封じクリーチャー。アウトレイジなのも素晴らしいです。

鯛焼の超人 4枚
→サイズの小さなボルバルザークエクス。マナの再利用ができる為一気にクリーチャーを並べるのにめちゃ便利。

双勇 ボスカツ闘&カツえもん武 3枚
→出た時に相手1体と強制バトルできるクリーチャー。バトル中はパワー6000となるので範囲はそこそこ。ミラーマッチ時には重宝できるカード。色合わせにも。

刀の3号 カツえもん 2枚
→cipでブロッカーをマナ送りにできるクリーチャー。革命チェンジ持ちなので、トリガーで踏んだ天門から出てきたブロッカーも柔軟に除去できる。こいつも色合わせに。

爆熱血 ロイヤル・アイラ 3枚
→今回のドローソース①。cipで勇愛の天秤とほぼ同じ効果を発揮する。マナ武装達成が条件なのですが、このデッキではほぼ心配無用。

破壊者 シュトルム 3枚
→トリガー枠。種族がアウトレイジなのもgood。

野生設計図 4枚
→今回のドローソース②。山札の上から3枚みてコストの異なるクリーチャーを全て回収できる。コアクアンのおつかいの事を考えるとこちらも相当強力なドローソース。

爆轟 マッカラン・ファイン 1枚
→バッドブランドが引けなかった場合の保険として採用。マナ武装5で自軍全てをSAにできるクリーチャー。



・このデッキのまわしかた



2ターン目には一撃奪取系を出すのが必須となります。単騎を絡めたい場合の流れとしては3ターン目にアイラや野生設計図で必要パーツをかき集め、4ターン目に鯛焼をあるだけ召喚→マナがアンタップ→3コスで単騎を出す&G・ゼロで無重力ナインをあるだけ召喚→残りの1コスでバッドブランドを召喚→ワンショットタイムという流れになります。召喚した鯛焼や無重力ナインの数次第では十分過剰打点を形成することが可能です。


3キルを狙う場合は、2ターン目に一撃奪取系を出し、3ターン目に1コス軽減で鯛焼→あれば一撃奪取系の2コスクリーチャー→あるだけの無重力ナイン召喚→バッドブランド召喚でワンショットタイムという流れになります。もしくはリスクは大きいですが手札にバッドブランドが複数ある場合は無重力ナイン&鯛焼と2体出してる時点でバッドブランドを1コスで出せる為しっかりアンタップされているマナを使って最大で3体バッドブランドを出したりもできます。



他のバッドブランドデッキとは違い、鯛焼を採用したおかげでG・ゼロクリーチャーが8枚体制であるかのように運用していけるのはバッドブランドのコストを軽減するにおいて非常に大きな強みだと個人的には思っています。



・改造するとしたら(採用を迷ったアイディア)


呪文のトリガーもケアしたいってやっぱ考えてしまいますね。真っ先に思い浮かぶのはラフルルですね。やつを使う場合は色事故が心配になりますがデッキカラーに青を加え、ワンショットタイムの前にあらかじめグレンニャーやオニカマスを出しておいてワンショットタイム時に革命チェンジするっていう動きが考えられます。

または、古いカードですがお騒がせチューザというカードでも似たことができます。こいつは4コスクリーチャーで強制アタック持ち、タップしてると全員の呪文封殺という能力を持っています。色が赤なので、すんなり採用することができます。こいつを採用する場合は強制アタック持ちなのがネックとなるのでワンショットするターンに出したいので5コス時に鯛焼召喚→チューザ召喚→残りの1コスでバッドブランド召喚という流れが理想かと思いますので少し動きが遅くなると思います。




バッドブランドデッキと対面した場合、おそらく多くの人はチュチュリスを除去すればしばらく安心だとタカをくくっているかと思います。このデッキはたとえ一撃奪取系を除去されたとしても鯛焼を絡めることでクリーチャーを一度に横並びさせられる為、奇襲性は抜群なので興味のある方は是非一度作ってもらえればと思います。



当ブログのツイッターアカウントあります。是非フォローお願いします!

ツイッターアカウント名 デュエマのデッキレシピ保管場所


ツイッターID blogdmbuilding



※最後にキーカードの画像載せときます





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ヨネ吉
こんにちは。DMPヨネ吉です!ブログを書いて情報発信するだけでなく、皆さんからもアドバイス頂きたいのでコメントお願いしたいです!更新した際はツイッターでお知らせしますので、リンク先からフォローお願いします!
アカウント名 デュエマのデッキレシピ保管場所
アカウントID @blogdmbuilding

最新コメント